キング・コング(1933・米)

ブログでは映画の感想などもアップしていきたいと考えています。
まずは、大学院の時に書いた映画のレビューを、せっかくなので載せます。

最初に、1933年にアメリカで作られた「キング・コング」です。一番最初に作られたものです。以下レビューです。


 
 
 「キング・コング」では実写の人間とコマ撮りによって動かされた人形が同一画面上に存在する。人形の実際のサイズは人間とほぼ同じかそれより小さいぐらいであったというが、画面内では合成技術により人形のほうがはるかに大きい設定で作られている。大きさの自由な操作は合成技術における特徴の1つである。映画に登場するキング・コングや恐竜などの怪獣たちの造りは細かい皺までリアルに作りこまれているため、人間の数倍も大きなサイズで画面上に現れても我々は巨大な怪獣としてそのサイズを自然と受け入れることができる。また、キング・コングと人間を頻繁に同一画面上に映すことでもキング・コングの存在をリアルに示している。

 そして、この映画ではウィリス・オブライエンの巧みなアニメートにより実在しない怪獣をあたかも人間と同じように生きてこの世に存在しているように思わせることに成功している。その要因として挙げられるのは、映画に出てくるキング・コングやその他の怪獣たちの生身の生き物としての肩を震わす息づかいや細かい指の動きなどの、細部まで神経が行き届いた動きである。この映画の場合怪獣たちは映画の中で人形であってはならないということが前提にあり、観客に本物の生き物のように思わせなければならない。しかし、現実には存在しない怪獣たちの動きというのはいわば空想上の動きであり、我々は初めてその怪獣たちが動く姿を目撃することになるのである。例えばアン・ダロウの衣服を剥がして匂いを嗅ぐ時のキング・コングの鼻の動きは左右の鼻が交互に動くといったようなとても細かい動きであり、そのような細かい動作が実在しない怪獣にリアリティを与えている。

 また、観客の心をつかむ上で重要なこととして挙げられるのはキング・コングの登場シーンである。その登場の仕方の演出は、木々の間からぬっと大きな顔を現すことで木の大きさと比較することによりキング・コングのスケール感を出し、手前に恐怖の叫び声をあげるアン・ダロウを配置することでよりキング・コングを脅威の存在として引き立たせている。また、カメラアングルもアン・ダロウ側からのあおりで映すことで、観客である我々もキング・コングを間近で発見したような感覚にさせている。

 このような演出や細かく作り込まれた人形、そしてオブライエンの巧みなアニメートの集積によって「キング・コング」は当時の人々に衝撃を与える革新的な映像となり、後世にまで影響を及ぼす作品に仕上がったと言える。


記事

 自分の紹介記事を追加します。





ブログを

ブログを始めました。

私はアニメーションをコツコツ作っています。
専門分野はコマ撮りの人形アニメーションです。
実写映画も作りたいと考えています。

今後これまでの作品もいくつか紹介していこうと思います。
適当に更新していきますので、よろしくどうぞーーー









     

profile

Hata Toshikoの↓

Twitter

selected entries

categories

archives

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

search this site.

recent trackback

recent comment

  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    Toshiko
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    あきちぃ
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    Toshiko
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    こたママ
  • TV番組に出演します
    Toshiko
  • TV番組に出演します
    BrB
  • TV番組に出演します
    ユズ
  • TV番組に出演します
    タッキー@爆笑中
  • 「メロディ・オブ・ファンハウス」DVD発売されます!
    Toshiko
  • 「メロディ・オブ・ファンハウス」DVD発売されます!
    レイン

links

「Aki KONO animation」    

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM