(2)人形制作

「メロディ・オブ・ファンハウス」制作過程紹介の第2回目は、人形制作編です!
今回は主にN'夙川BOYSの3人(3匹)の作り方をご紹介していきます。
ちなみに人形は私が1人で制作しています。


この3体の中身がどうなっているかというと…


↑こんなかんじになっています。関節はヒューズ線です。
ヒューズ線をバルサに刺して、クイックメンダーで接着しています。バルサはもろいですがカッターで切りやすいので、私はバルサを使用しています。
足は虫ピンを刺しやすいようにコルクにしていて、足の裏は1mmの鉛板になっています。ヒューズ線と鉛板はハンダでくっつけます。


マーヤさんは今回コウモリなので、羽の部分も動くようにヒューズで骨を作ります。
また、関節の動く部分にはスポンジ(ウレタン)を入れます。


顔はまずスーパースカルピー粘土で形を作ります。
今回は時間がなかったので置き換えの表情は作りませんでした。
動物のキャラにはスカルピー粘土の上から布を貼り付けました。


マーヤさんの表面に布をボンドと接着剤で貼り付けていきます。布は少し毛羽立っている合成皮革を使用しています。そして今回手足には着色したラテックスを塗り込みました。(少しおどろおどろしくなったので、すべて布にしたほうが良かったかもしれません。)


顔が出来上がってきました。髪はスーパースカルピー粘土です。


リンダさんの髪はスーパースカルピー粘土にラバースカルピー粘土を混ぜています。スーパースカルピーだけで作ったら髪のカツラをはめる際に割れてしまったので、ラバースカルピーを混ぜて少し弾力を持たせました。


服を着せたら完成です!服は本物の洋服と同様に自分で型を作り、ミシンと手縫いで地道に縫っていきます。実際のN'夙川BOYSを再現するためにけっこう細かく作り込みました。
時間があったら表情を置き換えにしたかったのですが、今回は口を開閉できるようにしました。
人形のサイズは20〜23cmぐらいです。セットのサイズの関係で少し小さめになりました。

ホームページを更新しました!

半年ぶりに自分のホームページを更新しました!

Safariではすべて更新できているのですが、Chromeで見るとまだ1部更新が反映されていないようです。
ブログはわりと定期的に更新しているのですが、ホームページには全く手を付けられていませんでした。半年間完全に放置状態になっていました。
htmlというのがわけがわからなくてなかなか手を付けられなかったのですが、ここに来てようやくその苦手意識が克服でき、htmlが少し面白いとさえ思えるようになりました。克服するというのは楽しいことです。
夜通しで更新作業を行って気付いたら昼・・・

変更点としては、Topページの更新履歴を半年ぶん一気に更新し、(すべて過ぎ去った過去になってしまった…)Topページのスチール写真も1枚目以外ほとんど変更しました。新作「メロディ・オブ・ファンハウス」の写真と、「ヤミヤミ」の写真も2枚入れました。
また、リンクページも一部変更しました。お友達のアニメーション作家・河野亜季さんのホームページが新しくなっているのにずっとリンク先を更新できていなかったのですが、ようやく正式なページをリンクすることができました!
また、プロフィールページも更新しました。あと、このブログのプロフィールページの自分の写真のサイズを少し大きくしました。小さくて画質が荒いのが若干気になっていたので…

ようやく小さな目標を1つ達成できました。早く寝よう。そして今日はすぐ起きなければ。

(1)セット制作

まずは、新作「メロディ・オブ・ファンハウス」の背景セットの制作過程を少し紹介しようと思います。
今回紹介するのは、下の写真の背景になっている洞窟の中っぽい壁の作り方です↓


「メロディ・オブ・ファンハウス」ではこんな怪物が登場します。
ちなみに洞窟の壁は芸大の後輩の方と同級生の方に主に制作してもらいました。
この壁は最初どんな状態だったかというと、


↑こんなかんじでした。スタイロフォームを大量に買ってきて、それを均等に切り分けて並べます。スタイロフォームは電熱線で切ってもらおうと思ったのですが、あまり良い電熱線ではなかった為切れ味が悪く、結局ノコギリとカッターで切ってもらうことに…(申し訳ない)


次は、そのスタイロの隙間をウレタンフォームで埋めていきます。このウレタンフォームの質感がけっこう洞窟っぽかったので感動的でした。


次がかなり大変な作業です。スタイロをカッターで切り込み、洞窟の形に造形していきます。この洞窟の壁が大量にあったので、切り込む作業が延々と続きました。(申し訳ない…)


徐々に洞窟っぽくなってきました。地面にもウレタンフォームを吹き付けたり、ウレタンフォームで形作ったものを貼ったり粘土をくっつけて形を作っていきます。地面は撮影時に虫ピンを刺すのでコルクボードを使っています。
ウレタンフォームは基本的に吹き付けるだけなので、造形するのに力がいらないので本当に楽!


↑隙間を埋めるパテなどを盛って壁のディティールをさらに作り込んでいきます。


造形が終わったら、次は着色です。ちょっと写真のピントがぼけてしまっているのですが、まずはジェッソで全体を黒く塗りつぶします。スタイロは表面が荒いので、何度も塗り重ねないとジェッソが入っていきません。


塗料で表面を着色していきます。塗料は缶に入った水性のペンキとスプレーを使っています。
関係ないのですが、家の中でスプレーを吹くと破壊的に臭いです。最初は平気だったのですが何日目かに気分が悪くなり、耐えられなくなりました。


↑こうして壁の完成です!!今回はこういったかんじの壁がたくさんあり、撮影の際はつなげたり取り外しができるようになっています。
手伝っていただいたかたには本当に感謝です!お疲れさまでした。


制作過程

新作「メロディ・オブ・ファンハウス」の制作過程を少し紹介していこうかと思います。
まず、どのような流れで制作していくかというと・・・

企画(プロット、シナリオを含む)→キャラクターデザイン→セットデザイン→絵コンテ制作→ビデオコンテ制作→人形、セット制作→撮影→編集(合成、バレ消し含む)→音楽、音響制作→カラコレ、MA→完成
となります。

このブログでは、途中の「人形、セット制作」の部分を紹介していこうと思います。写真素材も少しあるので。制作過程は前から紹介していこうと思っていたのですが、なかなか気が向かずやれていませんでした。不定期に更新していこうと思います。
ということで、次回に続く・・・

「オズ はじまりの戦い」と自分の新作を通じて思ったこと

「オズ はじまりの戦い」と今回の自分の新作を通じて思ったこと。
私はファンタジー映画を楽しめない大人が意外と多い気がしています。
自分の内面を描いて完結している作品も素敵なものはたくさんあります。辛いとか苦しい自分というのを作品の登場人物に投影して共感するのも良いと思うのですが、私はそういう人にこそファンタジー映画を楽しんでほしいと考えています。
大人になっても幻想世界に夢を抱き、現実離れした世界を楽しんでも良いと思います。素晴らしいファンタジー映画はそれを可能にします。(だからぜひオズを見てほしい。)
私は映像を作る際、わかる人にわかれば良いという考え方ではなく、誰にでも理解して楽しんでもらいたいという思いがあります。
私はファンタジーと人形アニメーションに興味がない人も好きになるような作品を作らなければいけないと思っています。そうしていかないと自分が作っている領域のものが今後開けていかない気がしたのです。
今回はまだまだ至らない点が多いですが、私の作品に興味がある人からない人まで、より多くの人が自分が作った映画によって少しでも夢を見ることができるように今後も作品を作っていこうと思っています。
これがオズと自分の新作を通して感じたことです。

自分の作品上映はあと4回あるのでまだご覧になっていないかたはぜひ見に来てください!


■メロディ・オブ・ファンハウス(MOOSIC LABバージョン)
新宿K's cinemaにて絶賛上映中
4/15(月)  21:10
4/18(木)  19:00
4/21(日)  21:10
4/24(水)  19:00


「メロディ・オブ・ファンハウス」上映中です!

昨日から新作短編アニメーション映画「メロディ・オブ・ファンハウス」が新宿のK's cinemaで上映開始しました!
そして昨日私も会場に行って参りました。
今回、映画祭全体でアニメーションの作品は私のしかなく、他の作品はすべて実写映画です。少しアウェイな空気を感じます。(アニメーションの映画祭の中に実写映画が1つだけあるようなかんじですね。)ただ今回は実写も含んでいるので、アニメーションオンリーの作品ではないのですが。私が制作しているような作品を楽しんでくれる人にちゃんと届けられているのかなということが気になっています。
しかし今日、作品を面白かったと言ってくださった人もいて、会場に行って良かったなぁと思いました。
なるべく毎回会場に行こうと思っているのですが、舞台挨拶とか私の顔写真の掲載とかもないので、私が会場にいても誰も私が「メロディ・オブ・ファンハウス」の監督だと気付かないよね…と思っています。かと言ってでっかい名札などを付ける勇気はないんですよね、これが。
せめてこのブログを見た人だけでも気付いてもらえると良いなぁと思うのですが。
ここのプロフィールページに載っている写真が私です!情報が少なくてすいません。
twitterをやっていないので、(Facebookはやっています)基本的にこのブログが一番色々なことを書いています。
会場は関係者ばかりといった印象だったので、私も知り合いを呼ばないとと思いました。宣伝活動があまりできていません。
まだあと6回あるので、色々な人に見ていただけたら良いなぁと思っています。アニメーションにも興味があるというかたが多くいてくださると幸いです。カテゴリーの壁を打破できると良いんですけどね。

MAが終わりました。

今日、新作「メロディ・オブ・ファンハウス」のMA作業が終わりました。音響、作曲の方々には本当に頑張ってもらいました。音が全体的にかなり良いです。音の存在によって作品は変わりますね。
シーンも追加してカラコレも行い、最後のあがきで作品がけっこう変わった気がします。納得がいくものになるまで頑張ったほうが良いということを実感しました。
また、作品から一度離れる期間もあったほうが良いと思いました。

そして4月からはついに新宿のK'sシネマで3週間ほど上映になります。
MOOSIC LABという音楽×映画の映画祭です!

詳細はまた後ほどお知らせしようと思います。

欲しかったDVDが

今日は東京国際アニメフェアで無事トークを終えました。
2時間もあったので後半は少し疲れてしまいましたが、私の立場というのをもっとはっきり主張して話すべきだったかなと少し反省しています。会話していると人に合わせてしまうところがあるので…(その割に人の逆鱗に触れることを簡単に言う時もあるのですが)
長編を撮っていないので、劇場公開したいということをあまり主張できませんでした。
今後またトークショーなどをする際はもっとうまくしゃべれるようになりたいです。


しかし今日、ラッキーな出来事が…!
最近半立体アニメーションを勉強しようと思ってYouTubeなどでブジェチスラフ・ポヤルさんの作品を見ていたのですが、「ふしぎな庭」シリーズが非常に好きになり、DVDが欲しいなと思ってネットで色々と調べたのですが、もう廃盤になっていて今はアマゾンでも1万6千円からとかになってすごく値上がりしていて、買うのを諦めていました。
そしたら今日東京国際アニメフェアのチェコアニメブースで「ふしぎな庭」が定価の3千円で置いてあるのを発見し、「あ…ある!」と思って即購入しました。発売元のアットアームズさんの出展ブースで、会社に残っている在庫を出していたそうなのですが、それももう残り少ないそうです。

そして家に帰って初めて日本語字幕付きの「ふしぎな庭」を見てまた感動しました。ようやく登場キャラたちの会話の内容も理解することができました。立体と半立体が自然に入れ替わる人形アニメーションなのですが、これは本当に傑作だと思います。今後の創作において確実に影響を受けることになる気がします。

確定申告終わった

初の確定申告をギリギリにやってきました。
1年間取っていたレシートはほとんど活用せずじまいでした。
また、なぜか月々の支払明細的なものが完全にどこかへ行ってしまっていて、本当に自分は管理不足だとイラつきました。大事なものがどこかへ消えているということがよくあります。

先日新作の追加撮影が終わり、また再編集中です。
ちょっと疲れて今日はダラダラと過ごしてしまいました。
ももクロの動画をひたすら見て、バナナマンのコントを見て昼寝したり・・・(昼寝どころじゃないぐらい寝た)

そして夜「さまよう心臓」を英語タイトルで検索したら、英語の記事を1つ見つけました!
Big Cartoon Newsというサイトみたいです。
プチョンで受賞した時の記事で、作品の紹介でした。

今年は仕事して海外の映画祭にも行きたい!
4月には英会話を再会しようと思います。

メロン熊

ゆうばりで撮った写真を後で確認したら2枚しかなく、すごく後悔しました。
写真をもっと撮れば良かった・・・雪景色の中で。
2枚のうちの1枚はこれです。メロン熊のこのポーズがとても良かったので写真を撮りました。
このポーズは中の人が開発したのでしょうか。決まっています。
撮った写真のもう1枚は誰も写っていない雪景色です。自分や知り合いが映っていない写真しかないというのも寂しい。デジカメを持って行ったのに何一つ活用できていない物悲しさ…
しかし後日、新作を手伝ってもらってゆうばりにも一緒に来ていた後輩の方に舞台挨拶の写真などを何枚も送ってもらい、非常に嬉しかったです。






     

profile

秦俊子のTwitter↓

危険信号ゴッデスのYouTube↓

Angle, LLCの公式HP↓

selected entries

categories

archives

search this site.

links

「Aki KONO animation」    

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM