「アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜」公開記念座談会

7月6日(金)公開の映画『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜』についての座談会を行いました。NHK『ニャッキ!』の作者で芸大アニメーション専攻の教授である伊藤有壱先生と、ジオラマアニメーターのMOZUさんと一緒に映画の魅力を語らせていただきました。

 

日本を代表する造形・映像作家が語る「アーリーマン」のスゴさと魅力——映画「アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜」公開記念座談会

 

『アーリーマン』は、『ひつじのショーン』や『ウォレスとグルミット』などの面白いストップモーションアニメを制作しているアードマンというスタジオの最新作です。

この座談会で、より映画の魅力が伝わると嬉しいです。

とても面白かったので、ぜひ映画をご覧になってみてください!


ショートショートフィルムフェスティバル&アジアで上映

前にもこちらのブログでお知らせしたのですが、再度お知らせです。

監督した短編クレイアニメ「映画の妖精 フィルとムー」が、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアのキッズプログラムで上映されます!
私は6月23日(土)の上映会に参加する予定です。フィルとムーのプロデューサーでもあるNPO法人World Theater Projectの教来石さんと一緒にトークします。
東京で上映する機会はあまりないので、ご都合の良い日時がありましたらぜひ観に来ていただけると嬉しいです!
下記のサイトから事前申し込みが必要なのですが、上映は無料です!
http://www.shortshorts.org/2018/prg/ja/2131

 

【日時】
6/22(金)15:40-17:30
6/23(土)11:20-13:10
6/24(日)13:30-15:20

【場所】
iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
東京都世田谷区玉川2−21−1

 

よろしくお願いします!m(_ _)m


「PACALIEN」Adult SwimのFacebookページにも掲載されました

先日無事「PACALIEN」がAdult Swimで放送されました!ありがたいことに、記念すべき「FLCL」第1話目の直前に放送していだきました。FLCLはアメリカで大人気で、先日の第1話目の放送の際には#FLCLがアメリカのTwitterにトレンド入りしたそうです。

その恩恵にあやかり、PACALIENも多くの視聴者のかたにご覧になっていただけたようでした。

4畳半の激狭い部屋で撮影された小規模な作品が、全米とカナダで放送されたことは本当に感慨深いです。Adult SwimとProduction I.Gさんに感謝です。

 

また、Adult SwimのFacebookページにも「PACALIEN」を掲載していただきました!2日で9万回以上再生されていて、コメントやシェアも沢山されていたのでとても嬉しいです。

自分の作品を受け入れてもらえる場所があるのは本当にありがたいことです。次に繋げられるように頑張りたいです。


「映画の妖精 フィルとムー」スターバックスサイトに掲載

先日参加したシアトル国際映画祭のパートナーであるスターバックスのサイトにて、期間限定でフィルとムーの映画が見れます。

シアトル国際映画祭が終了する6月10日まで掲載されますので、よろしければぜひご覧になってみてください!

Starbucks + SIFF Proudly Present

 

シアトルはスターバックス発祥の地でもあり、街には沢山スタバがありました。

先日映画祭に参加した際にはスタバの1号店に行ってみたのですが、4連休だったこともあるのか連日激混みで、入るのを諦めてしまいました。その時のことも後ほど旅行記に記載しようと思います!


「PACALIEN」Adult Swimで放送&配信

昨年に自主制作で制作した「パカリアン」の新バージョンを、アメリカのTV局カートゥーンネットワークのAdult Swimで制作しました!→PROMOS PACALIEN [Adult Swim]

YouTubeチャンネルにもアップされたのでぜひご覧になってみてください!↓

35秒〜40秒×4本のパペットアニメーションです。Adult Swimでは6月2日の現地時間で夜11時59分50秒から放送される予定です。(放送国はアメリカとカナダです。)

声優は、最初のパカリアンと同じく斎藤工さんにやっていただきました。今回は、主人公のアルパカからナタ男、コウモリの声まですべて斎藤さんに演じていただきました。英語になってもすべてハマり役だったので、凄いなと思いました。

また、制作はProduction I.G USAさんにご協力していただきました。

Adult Swimはカートゥーンネットワークの大人向けの枠で、私が大好きなリック・アンド・モーティやロボットチキンを放送しているチャンネルなので、今回制作することができてとても嬉しかったです。

目標は「PACALIEN」のシリーズアニメ化です…!

 

 

【クレジット】

監督:秦俊子

声優:斎藤工
制作:Production I.G., LLC.
企画協力:谷口宏幸
脚本協力:高橋悠平
音楽:根木マリサ
音響:滝野ますみ
ミキサー:宇津木紘一
造形:宮島由布子、池田恵二、近藤翔、阿部靖子、秦俊子
アニメート:阿部靖子、秦俊子
撮影用特機:川村徹雄
ビデオコンテ協力:こがやったけ、マックギルバート
アフレコ協力:Bryan Hartzheim
デジタルワークス:高橋悠平、中村匠吾、山田優子、秦俊子
カラリスト:手嶋悠貴
スペシャルサンクス:中西舞
MAスタジオ:be Bule STUDIO
ポストプロダクションスタジオ:Tripod Ltd, Liability Co.
協力:アングル合同会社

 


シアトル国際映画祭で上映

監督したクレイアニメ「映画の妖精 フィルとムー」が、今月に開催されるアメリカのシアトル国際映画祭で上映されます!

短編部門でのコンペ上映です。作品ページはこちらです。The Family Picture Showというカテゴリーで上映されます。

ニューヨークの子供映画祭をきっかけに、アメリカやイギリスの映画祭での上映が広がって嬉しいです。


東京芸大でトークイベント

5月9日(水)に、母校である東京藝術大学の上野校舎でトークをすることになりました。

卒業生が経験を語る会「私が藝大生だった頃、そして今。」というテーマで、女性の作家としての経験を語ります。

 

日時 ◉5月9日(水)17:30-19:30 (途中参加可)
会場 ◉油画技法材料科研究室(美術学部絵画棟1F)http://geidai-gizai.com/info
講師 ◉齋藤芽生先生(絵画科油画専攻准教授)
ゲスト◉秦俊子、飯山由貴さん、シシヤマザキさん
対象 ◉本学の学生・教職員

 

芸大の学生と教職員のかたが対象のイベントですが、私の経験が少しでも皆様のお役に立てば良いなと思います。


ゆうばりのレポート

シネマトゥデイさんのサイトにて、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のレポート記事にご協力させていただきました。

私なりの視点で、映画祭のレポートをさせていただきました。

そして、後半には最新のパカリアン情報も掲載していただいております…!

最新のパカリアンについては、今後こちらのブログでも詳細を書きたいと思っております。

 

苦難も乗り越え、真利子哲也、入江悠ら次世代の監督を多数排出!ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(日本)

 

ぜひご覧になってみてください。


昨年の夏から書き忘れていたことなど

長きに渡って更新を怠っていた自分のホームページをようやく更新しました。

ホームページの更新にあたって過去の情報をかき集めていたところ、記述し忘れていたことがいくつかあったので…今日はそのことを書きます。

まず、仕事のことです。今年の2月に、ベネッセこどもちゃれんじのCMの冒頭部分のコマ撮りのアニメートを担当しました。

 

次に、パカリアンが昨年の11月4日〜11日に開催されたアメリカの映画祭St. Cloud Film Festivalのコンペで上映されました!

こんな大事なことを告知し忘れていました…

昨年の10月頃がちょっとバタバタし過ぎて色々後回しにしてしまったのと、その時期に海外の映画祭から来ていた問い合わせメールにも1件返信できていなかったことが後でわかり、ショックでした。

 

最後は、昨年の7月に東京芸大アニメーション専攻の仕事で、1週間ほど北京にある中国伝媒大学という大学に滞在していました。初の中国でした。日中韓の大学の共同アニメーション制作プロジェクトで、私はストップモーションアニメの機材や撮影などの技術サポート役で参加させていただきました。7月の北京はすごく暑かったです。初の中国滞在だったので、色々と文化的な違いを経験しました。

一番驚いたのはトイレの方式でした。私は大学の学生寮に宿泊していたのですが、下水の建設が追いついていない?ようで、トイレットペーパーを流すのがNGとのことでした。トイレの隣にゴミ箱が置いてあり、トイレットペーパーはそこに捨てないといけないようでした。飲食店もだいたいそんなかんじでした。高級ホテルとかだと、流しても大丈夫なところもあるみたいです。

また、今年の1月にワークショップで訪れたミャンマーは、どこを見渡しても同じ種類の犬しかいなかったことが印象的だったのですが、夏の北京は、どこにでも腹出しおじさん(時々若者も)がいたことが印象的でした。暑い時期だったので、タンクトップやTシャツを胸までまくり上げて腹を出すという風習?が浸透していました。

私のカルチャーショックはさておき、日中韓の生徒の皆さんはとても良い人たちでした。グループに分かれてアニメーションを制作したのですが、国境を越えて皆で協力して真剣に制作している様子を見ていると、国や文化の違いって本当に関係ないなぁと実感しました。アニメーションなどの映像制作を通じて、違う国や文化の人たちと仲良くなれるというのは素晴らしいことだなと感じ、皆の作品を見て1人でじーんとしていました。

また、中国に滞在していた時に自分の誕生日があったのですが、皆さんに誕生日のお祝いをしていただいたことも嬉しい思い出です。

 

このような素晴らしいプロジェクトに少しでも協力できたことをありがたく思います。


「パカリアン」Discover Film Awardsでベストアニメーション賞を受賞

今月ロンドンで開催されたDiscover Film Awardsという映画祭で、私の自主制作短編アニメ「パカリアン」がベストアニメーション賞を受賞しました!
賞をいただけると思っていなかったので、すごく嬉しいです。ロンドンに行ってみたかったです。

ショートショートフィルムフェスティバルさんに作品を応募していただき上映してもらえることになったので、ショートショートさんにも感謝しております。また、ショートショートさんにいただいた話題賞に次ぐ受賞です。

10月にも同じ映画祭が開催されるようで、受賞作品の中から更に1位と2位が決定するそうです。

正直、個人的にパカリアンは映画祭で賞を取る類の作品ではなさそうと思っていたので、映画祭での受賞というのはすごく嬉しいです。

受賞結果はこちらの映画祭サイトに掲載されております。

パカリアンの画像と同じ並びに、ビッグバンセオリーのハワードの役者さんがいることにテンションが上がりました。

ビッグバンセオリーは今一番ハマっているドラマで、サウスパークと同様に私の心の安定剤的ドラマです。



     

profile

Hata Toshikoの↓

Twitter

selected entries

categories

archives

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

search this site.

recent comment

  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    Toshiko
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    あきちぃ
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    Toshiko
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    こたママ
  • TV番組に出演します
    Toshiko
  • TV番組に出演します
    BrB
  • TV番組に出演します
    ユズ
  • TV番組に出演します
    タッキー@爆笑中
  • 「メロディ・オブ・ファンハウス」DVD発売されます!
    Toshiko
  • 「メロディ・オブ・ファンハウス」DVD発売されます!
    レイン

links

「Aki KONO animation」    

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM