「映画の妖精 フィルとムー」スターバックスサイトに掲載

先日参加したシアトル国際映画祭のパートナーであるスターバックスのサイトにて、期間限定でフィルとムーの映画が見れます。

シアトル国際映画祭が終了する6月10日まで掲載されますので、よろしければぜひご覧になってみてください!

Starbucks + SIFF Proudly Present

 

シアトルはスターバックス発祥の地でもあり、街には沢山スタバがありました。

先日映画祭に参加した際にはスタバの1号店に行ってみたのですが、4連休だったこともあるのか連日激混みで、入るのを諦めてしまいました。その時のことも後ほど旅行記に記載しようと思います!


シアトル国際映画祭 旅行記 [1]

監督した「映画の妖精 フィルとムー」の上映で、先日シアトル国際映画祭に参加してきました!

ちょうど仕事が落ち着きそうだったので、せっかくだからシアトルに行ってみたいと思い参加することにしました。

今回は、シアトル映画祭と観光の旅行記を書いていこうと思います。

 

飛行機はデルタ航空で行きました。行きは途中にポートランドでの乗り継ぎがありました。人生初の乗り継ぎです。

話は遡りまして、2011年にロサンゼルスの映画祭に参加した際にもデルタ航空で行ったのですが、途中に機内で急病人が出て、CAの人たちがドタバタし始め、「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか」という機内アナウンスが流れました。初の海外渡航だったので、こんなことあるんだ〜…と驚いたのですが、飛行機は1時間ほど飛んでいたのにそこから羽田に引き返すことになったのでした。。

その後飛行機は同じく1時間かけて羽田に引き返し、更に1時間羽田に止まっていました。その頃会社員だった私は仕事の都合でギリギリの渡航スケジュールを組んでいたので、飛行機が羽田に戻った時に、映画祭に間に合わない…と焦り絶望した記憶があります。

乗客は皆飛行機の中で座って待っていたのですが、遠くのほうで救助の人たちがバタバタやってきて、白くなったE.T.を入れたジッパーの袋みたいなものが持ち込まれて、急病人の人がそれに入れられて運ばれていきました。そして飛行機は約3時間遅れで再出発したのでした。そして映画祭のオープニングには間に合いませんでした…

ということがあったので、今回は乗り継ぎもあるので余裕を持った渡航スケジュールを組んだのですが、逆に飛行機は予定より30分早くポートランド国際空港に到着しました。

 

◆ポートランド国際空港。空港内で演奏しているおじさんもいました。

 

そして問題なく乗り継ぎもでき、ポートランドからシアトルへ。

ホテルと上映会場はダウンタウンのほうにあるので、シアトル・タコマ国際空港からはLink light railという路面電車に乗ってウェストレイクセンター駅まで行きました。路面電車といってもすごくスピードが速かったです。途中から地下になりました。

ウェストレイクセンター駅からは、Seattle Center Monorailというモノレールに乗り換えました。Seattle Center Monorailは、広くてゆったりしていました。休日でも混雑していませんでした。

 

◆Link light rail

 

ホテルは、映画祭がオススメしていたホテルがちょうどエクスペディアで安くなっていたので、タイミング良くそちらを予約することができました。上映会場からもすぐ側でした。

若干古めのホテルではありましたが、シアトルだけに1階にはスタバがありました。また、屋上が売りのようでした。

 

◆ホテル Mediterranean Inn

 

◆屋上からの眺め

 

とりあえず問題なく到着できて良かった…。

翌日はいよいよフィルとムーの上映です。シアトル国際映画祭 旅行記 [2]に続きます!


「PACALIEN」Adult Swimで放送&配信

昨年に自主制作で制作した「パカリアン」の新バージョンを、アメリカのTV局カートゥーンネットワークのAdult Swimで制作しました!→PROMOS PACALIEN [Adult Swim]

YouTubeチャンネルにもアップされたのでぜひご覧になってみてください!↓

35秒〜40秒×4本のパペットアニメーションです。Adult Swimでは6月2日の現地時間で夜11時59分50秒から放送される予定です。(放送国はアメリカとカナダです。)

声優は、最初のパカリアンと同じく斎藤工さんにやっていただきました。今回は、主人公のアルパカからナタ男、コウモリの声まですべて斎藤さんに演じていただきました。英語になってもすべてハマり役だったので、凄いなと思いました。

また、制作はProduction I.G USAさんにご協力していただきました。

Adult Swimはカートゥーンネットワークの大人向けの枠で、私が大好きなリック・アンド・モーティやロボットチキンを放送しているチャンネルなので、今回制作することができてとても嬉しかったです。

目標は「PACALIEN」のシリーズアニメ化です…!

 

 

【クレジット】

監督:秦俊子

声優:斎藤工
制作:Production I.G., LLC.
企画協力:谷口宏幸
脚本協力:高橋悠平
音楽:根木マリサ
音響:滝野ますみ
ミキサー:宇津木紘一
造形:宮島由布子、池田恵二、近藤翔、阿部靖子、秦俊子
アニメート:阿部靖子、秦俊子
撮影用特機:川村徹雄
ビデオコンテ協力:こがやったけ、マックギルバート
アフレコ協力:Bryan Hartzheim
デジタルワークス:高橋悠平、中村匠吾、山田優子、秦俊子
カラリスト:手嶋悠貴
スペシャルサンクス:中西舞
MAスタジオ:be Bule STUDIO
ポストプロダクションスタジオ:Tripod Ltd, Liability Co.
協力:アングル合同会社

 


シアトル国際映画祭で上映

監督したクレイアニメ「映画の妖精 フィルとムー」が、今月に開催されるアメリカのシアトル国際映画祭で上映されます!

短編部門でのコンペ上映です。作品ページはこちらです。The Family Picture Showというカテゴリーで上映されます。

ニューヨークの子供映画祭をきっかけに、アメリカやイギリスの映画祭での上映が広がって嬉しいです。


東京芸大でトークイベント

5月9日(水)に、母校である東京藝術大学の上野校舎でトークをすることになりました。

卒業生が経験を語る会「私が藝大生だった頃、そして今。」というテーマで、女性の作家としての経験を語ります。

 

日時 ◉5月9日(水)17:30-19:30 (途中参加可)
会場 ◉油画技法材料科研究室(美術学部絵画棟1F)http://geidai-gizai.com/info
講師 ◉齋藤芽生先生(絵画科油画専攻准教授)
ゲスト◉秦俊子、飯山由貴さん、シシヤマザキさん
対象 ◉本学の学生・教職員

 

芸大の学生と教職員のかたが対象のイベントですが、私の経験が少しでも皆様のお役に立てば良いなと思います。



     

profile

Hata Toshikoの↓

Twitter

selected entries

categories

archives

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

search this site.

recent comment

  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    Toshiko
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    あきちぃ
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    Toshiko
  • おかあさんとっしょ「おもちゃのブルース」
    こたママ
  • TV番組に出演します
    Toshiko
  • TV番組に出演します
    BrB
  • TV番組に出演します
    ユズ
  • TV番組に出演します
    タッキー@爆笑中
  • 「メロディ・オブ・ファンハウス」DVD発売されます!
    Toshiko
  • 「メロディ・オブ・ファンハウス」DVD発売されます!
    レイン

links

「Aki KONO animation」    

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM