今年見た映画の感想

最近は活動の紹介の内容ばかり書いていたのですが、久々に映画の感想です。
今年は見た映画に対して面白かった映画の割合がとても高かったです。面白い映画が多かったので、特に面白かった映画を下記に挙げてみました。

<今年映画館で見て面白かった映画>
・マッドマックス 怒りのデス・ロード
・ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜
・ワイルド・スピード SKY MISSION
・ヴィジット

上記の4作はどれも個人的に5つ星の傑作映画でした。
マッドマックスは定期的に映画館で見たくなります。行って帰って来るというシンプルな物語でもここまで面白くできるのが映画のすごいところな気がします。また、そのシンプルさ故に余計なことを考えなくて良いので、純粋に何度も見たくなるのかもしれません。
ひつじのショーンは、安定の面白さでした。ウォレスとグルミットも含めて本当に安定してどれも面白いなぁと思います。映画館で見ていた子供たちの反応が大きくて、小さな子供から大人まで楽しませる力はすごいなと思いました。(最後に悪者がこえだめに突っ込むところで子供たちが一番爆笑していた。)子供は内容をあまり理解していなかったとしても、面白かったという印象は後になっても残るのではないかなと思います。
ワイルド・スピードは、やりたいシーンのために無理矢理話をこじつけているかんじが私は嫌いではないので、矛盾なども含めて好きでした。あくまで車に乗るということにこだわる姿勢が映画を面白くしていると思います。
「ヴィジット」は衝撃的でした。POVのホラー映画は何でもない無駄なシーンがやたら多い気がして退屈になってしまい、それが恐怖感の煽りに役立っているなら良いのですがただ退屈なだけのカットで構成されている映画が多い中、ヴィジットに関しては無駄なカットがないように感じました。純粋に怖かったです。老婆の半ケツを見た時に、あぁこれは凄い映画な気がすると思いました。「スペル」もそうですが、狂った老婆はホラーヒーロー(ヒロイン)になり得ると思います。ドアの向こうで何かが起こっているという恐怖演出も緊張感があって良かったのですが、ドアを開けた後もただ老婆が走っているだけなのにやたら怖かったです。走っているのを見るだけで怖いというのがすごいです。あの、後ろに手を組んで走るポーズがまた良かったです。
ちなみに新作ではないので上記に入れなかったのですが「悪魔のいけにえ公開40周年記念版」も映画館で見て、改めて素晴らしかったです。わりと爆音だったので終盤の叫び声のオンパレードが、終わった後も残響として耳に残りました。個人的には序盤の、車内にレザーフェイス兄が入ってくるシーンが一番リアルで怖いです。この後とんでもないことが起こるのではないかという恐怖感を煽る効果にもなっていると思います。若者がどんどん家に入ってきて困るレザーフェイスと、おじいちゃんにトンカチを持たせるシーンは私の好きな恐怖の中のギャグシーンです。

邦画ではなかなか個人的ヒットがありませんでした。また、ジュラシックワールドは期待しすぎてしまったせいか期待を上回らず、普通でした。演出のせいなのか大作すぎて自由度がなかったのか、形だけで中身がないような印象でした。スターウォーズも楽しみですが、同じようなかんじになっていないと良いなと思います。
あと、要望として「Ash vs Evil Dead」を日本でも放送してほしいです。サウスパークの日本語バージョンもまた放送してほしいです。この2つは日本でもやるべきだと思います。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

profile

秦俊子のTwitter↓

危険信号ゴッデスのYouTube↓

Angle, LLCの公式HP↓

selected entries

categories

archives

search this site.

links

「Aki KONO animation」    

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM