度肝を抜かれた

最近YouTubeで初めて見たのですが、スピルバーグが12歳の時に撮ったという8ミリ短編映画「Escape to Nowhere」
これを・・・12歳で!!?驚いて興奮して夜眠れなくなってしまいました。
12歳って小6か中1ですよね。信じられません。
この映画は、撮る喜びに満ちあふれていると感じました。そしてこの映画はなんとJ.J.エイブラムスが16歳の時に修理したそうです。
そう、「SUPER8」のエンドロールです!エンドロールで14歳の子供たちが撮った8ミリ映画が流れます。あの、荒々しいながらも映画の基礎をちゃんと押さえている最高のエンドロール。
"実際14歳でこの映像は撮れないだろう"と心のどこかで思っていたのですが、12歳にしてもう「Escape to Nowhere」を撮っていたスピルバーグがいたのです・・・
なるほど、エンドロールもスピルバーグへのオマージュだったのですね。

実際この世には自分の想像をはるかに上回る作品が存在します。自分で限界や限度を決めていたら"想像をはるかに上回るもの"はできないかもしれません。また夢と希望をもらいました。
私もいち早く新作の企画を進めようと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

profile

秦俊子のTwitter↓

危険信号ゴッデスのYouTube↓

Angle, LLCの公式HP↓

selected entries

categories

archives

search this site.

links

「Aki KONO animation」    

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM